Marunouchi Capital
トップページ > 企業情報:メンバー

企業情報

メンバー

経営陣

朝倉 陽保  (代表取締役社長)
三菱商事(株)入社後、情報通信、半導体、ヘルスケア等の分野にて事業開発、投資、M&Aに従事。1999年よりエイパックス・グロービス・パートナーズにおいてバイアウト及びグロースキャピタル投資を主導。2001年からはカーライル・グループにて、日本を投資対象とするバイアウト部門の投資責任者及びグロースキャピタル部門の日本代表を歴任(ファンド規模各々500億円、680百万ドル)。2009年から(株)産業革新機構(官民共同のPE投資会社)の創業メンバーとして専務取締役/COOに就任し、投資活動全般を統括。2016年3月より丸の内キャピタルに参画
当社では運用責任者として投資全般を統括
慶應義塾大学工学部卒業。ハーバード大学経営大学院修士取得
石塚 真理  (代表取締役副社長)
三菱商事(株)入社後、化学品分野で貿易及び事業投資先管理を担当。その後(株)ローソンへの出資、同社及び(株)クレディセゾンとの合弁事業立ち上げに携わった後、三菱商事UBSリアルティ(株)にて不動産ファンド設立・運営事業に従事。2013年よりPE・不動産の運用会社を傘下に持つアセットマネジメント事業本部にて戦略立案を担当、2015年同本部戦略企画・業法対応室長兼企画管理室長。2016年3月より丸の内キャピタルに参画
当社ではInvestor Relationsを統括
東京大学経済学部卒業。コロンビア大学経営大学院修士取得

マネージングディレクター

玉川 洋一  (マネージング・ディレクター)
三菱商事(株)入社後、原油部、企業投資部を経て在米バイアウトファンドRipplewood Holdings LLCに出向。430百万ドルのバイアウト・ファンドの投資運用を皮切りに、その後も三菱商事の在米金融子会社にて成長企業投資、バイアウト投資、企業再生投資に14年半に亘り従事。2010年帰国後、企業金融部にて米国・中国の企業投資案件を担当。2012年7月より丸の内キャピタルに参画
1号ファンドではタカラトミ―(取締役)、ジョイフル本田(取締役)、成城石井(取締役)への投資に関与
早稲田大学政治経済学部卒業。ハーバード大学経営大学院修士取得
川邉 進  (マネージング・ディレクター)
旧(株)三菱銀行(現(株)三菱東京UFJ銀行)入行後、国内営業店、市場企画部署を経て、在香港証券子会社にてデット引受・証券化業務に従事。2004年帰国後、旧三菱UFJ証券(株)(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券(株))にてプリンシパル・インベストメント業務を担当。2007年より三菱東京UFJ銀行にてレバレッジドファイナンス、プライベートエクイティ投資を推進。2016年4月より丸の内キャピタルに参画
一橋大学法学部卒業。パデュー大学経営大学院修士取得
古谷 元  (マネージング・ディレクター)
旧通商産業省(現経済産業省)入省後、政府派遣による米国留学を経て、原子力等資源エネルギーを中心にグローバルな政策課題を担当。2000年退官、べイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレーテッドにてコンサルタント業務に従事した後、UBS証券会社(現UBS証券(株))株式調査部にて、セルサイドアナリストとして総合商社セクターを担当。2004年(株)アドバンテッジパートナーズに参画、(株)ダイエーの事業再生に携わるとともに、パートナーとして(株)コメダ及び(株)クレッジの案件責任者として全般を統括。東日本大震災を機に、2011年から岩手・宮城・福島の産業復興相談センターにて被災地企業の二重ローン問題の解決に尽力。2014年、フロンティア・ターンアラウンド(株)にマネージング・ディレクターとして参画、中堅・中小企業の経営改革をハンズオン支援。2016年7月より丸の内キャピタルに参画
東京大学法学部卒業、スタンフォード大学法学修士取得。NY州弁護士

page top