メンバー

経営陣

朝倉 陽保(代表取締役社長)

三菱商事㈱入社後、情報通信、半導体、ヘルスケア等の分野にて事業開発、投資、M&Aに従事。1999年よりエイパックス・グロービス・パートナーズにおいてバイアウト及びグロースキャピタル投資を主導。2001年からはカーライル・グループにて、日本を投資対象とするバイアウト部門の投資責任者及びグロースキャピタル部門の日本代表を歴任(ファンド規模各々500億円、680百万ドル)。2009年から㈱産業革新機構(官民共同のPE投資会社)の創業メンバーとして専務取締役/COOに就任し、投資活動全般を統括。2016年3月より丸の内キャピタルに参画
当社では運用責任者として投資全般を統括
慶應義塾大学工学部卒業。ハーバード大学経営大学院修士取得

立川 擁(代表取締役副社長)

三菱商事㈱入社後、経理・投資戦略策定業務に従事。2002年よりベンチャーキャピタル子会社にて成長企業投資及びカーブアウト投資を担当。2009年帰任後PEファンドオブファンズ等機関投資家向けオルタナティブ投資商品の企画・運営業務に従事。2013年在英金融子会社社長に就任、英国不動産ファンド等海外オルタナティブ投資商品の企画・運営業務に従事。2016年3月より丸の内キャピタルに参画、複数案件の投資に関与
東京大学経済学部卒業

投資グループ

福﨑 昇平(マネージングディレクター)

旧㈱日本興業銀行(現㈱みずほ銀行)入行後、融資、経理業務に従事。2003年より ㈱グローバルマネジメントディレクションズ(現㈱KPMG FAS) にて事業再生に係わるアドバイザリー業務に携わる。2004年より日本産業パートナーズ㈱にて、大企業の事業戦略見直しに伴うカーブアウト案件や非公開化案件を担当、2007年よりゴールドマン・サックス証券㈱戦略投資部ヴァイス・プレジデントとして複数の投資案件に従事。2009年1月より丸の内キャピタルに参画
1号ファンドではジョイフル本田、成城石井(取締役)への投資に関与
一橋大学商学部卒業

香月 龍秋(マネージングディレクター)

三菱商事㈱入社後、セラミックスミネラル部、企業投資部を経て2005年に在米事業再生ファンドKPS Capital Partnersに出向。その後三菱商事の在米金融子会社及びジャパンインダストリアルソリューションズ㈱にてバイアウト投資、企業再生投資に従事。2014年に帰任後、企業投資部にて日米アジアのPE事業の企画立ち上げを推進。2017年よりリース事業部にて海外事業の売却や海外パートナーとの提携等新規事業の立ち上げを統括。2020年7月より丸の内キャピタルに参画
慶應義塾大学経済学部卒業。ノースウェスタン大学経営大学院修士取得

大崎 真徳(マネージングディレクター)

旧㈱東京銀行(現㈱三菱UFJ銀行)入行後、国内営業店を経て、調査部にて産業・企業調査に従事。2004年に三菱証券㈱(現在、三菱UFJモルガン・スタンレー証券㈱)に出向、2012年よりマネージング・ディレクターとして債券引受業務を担当。2017年に銀行帰任し、スタートアップ・成長企業向け事業力評価・審査責任者として業務を統括。2021年5月より丸の内キャピタルに参画
筑波大学社会学類卒業

武藤 貴史(シニアディレクター)

㈱東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)入行後、国内営業店を経てデリバティブ商品のトレーディング・投資家営業に従事。㈱ボストンコンサルティンググループにて、商社・金融機関中心に経営戦略策定、企業買収等のコンサルティングに関わる。アドバンテッジパートナーズにて企業買収に従事し、㈱コメダの案件では、主担当者として買収及びバリューアップを推進。その後、㈱コメダに経営陣として転籍、CFO及び管理部門トップとして同社チェーンの全国展開及びIPOをリード。2017年6月より丸の内キャピタルに参画
東京大学経済学部卒業

安立 欣司(ディレクター)

法律事務所に勤務。その後2008年にアジア系最大級のPEファンドに参画し、投資案件発掘、投資実行、投資後の企業価値向上支援及びエグジットの一連のPE業務に従事。2017年3月より丸の内キャピタルに参画
東京大学法学部卒業

三沢 勝彦(ディレクター)

戦略コンサルティングファームStrategy&にて、PEファンド向けのビジネスデューデリジェンスやPMIの他、製造業を中心とした幅広い業界向けの全社・事業戦略策定プロジェクトをリード。Strategy&参画以前は半導体メーカーにて商品企画から開発、販売までを統括。2019年12月より丸の内キャピタルに参画
東京大学工学部卒業。国立台湾大学大学院修士取得

  • 奥見 昌彦(ヴァイスプレジデント)
  • 布野 宏明(ヴァイスプレジデント)
  • 舩江 輝 (ヴァイスプレジデント)
  • 渡辺 安里(ヴァイスプレジデント)
  • 石生 広季(ヴァイスプレジデント)
  • 川島 碧(アソシエイト)
  • 守永 夏樹(アソシエイト)
  • 神野 裕久(アソシエイト)
  • 武本 啓佑(アソシエイト)
  • 塚田 隆義(アナリスト)
  • 前田 健(アナリスト)
  • 武藤 風行(アナリスト)

シニアアドバイザー

安國 泰造

旧㈱三和銀行(現㈱三菱UFJ銀行)入行後、国内営業店、広報部、人事部等を経て2008年大久保支社長に就任。2010年法人企画部にて全国の支社の営業体制や事務効率化等の改革施策を推進。2012年京都支社副支社長、2013年日本橋中央支社長に就任し、支社経営・営業を統括。2016年6月より丸の内キャピタルに参画
京都大学経済学部卒業

IR

髙橋 収(シニアマネージャー)

新日本監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)にて法定監査業務に従事した後、2006年よりフェニックス・キャピタル・フィナンシャル・アドバイザーズ㈱(現フェニックス・キャピタル㈱)においてPEファンドのミドル・バックオフィス業務に携わる。2015年よりSMBC日興証券㈱のプライベートウェルス部門にて主に上場企業のオーナー経営者に対する事業承継・相続対策業務に従事。2020年1月より丸の内キャピタルに参画
東京大学経済学部卒業、公認会計士

植田 和照(シニアマネージャー)

三菱商事㈱入社後、欧州アパレル関連事業投資先管理・経理業務に従事。その後企業投資部にて株式、債権、為替、商品運用業務を経て2000年より在米グローバルマクロ型ヘッジファンドSky Horse Management LLCに出向。2005年に帰国後、現三菱商事アセットマネジメント㈱執行役員管理本部長に就任。2008年よりクレジットオフィサーとして航空機リース業の㈱MCアビエーションパートナーズ、2017年1月より丸の内キャピタルに参画
慶應義塾大学商学部卒業

  • 広川 聡(アソシエイト)

チーフコンプライアンスオフィサー

上田 泰司


三菱商事㈱入社後、燃料管理部、為替部、国際金融部を経て、米国三菱商事及び三菱商事の在米金融子会社において複数の米州事業会社への直接投資や、投資ファンド関連業務に従事。2003年帰国後、三菱商事㈱の金融事業部門において、主に国内一般リース会社や、自動車リース会社への出資や、業界再編に関与し、2007年三菱オートリース㈱に出向(財務部長兼経営計画担当役員補佐)。その後、三菱商事㈱のリース事業部門や、石油事業本部トレーディング管理室長等を経て、2017年に三菱商事アセットマネジメント㈱常勤監査役。2020年8月より丸の内キャピタルに参画
早稲田大学法学部卒業

ページトップへ